2013年05月09日

酒だ!酒を飲もう!!

神社とかの話題を書いていると
文章がジジくさくなってしまう点を
Souyaに指摘され、読み返すと確かにその通り。

なんかテンションが一定じゃないのよね!
よし、ここらで思いっきり草をはやしておこうwww

wwwwwwwwwwwwっうぇえ



さて、ストレスいっぱいのSHOCK.Cさんは
酒を飲むことにしました。

新潟の田舎に行っていた両親に運び屋をお願いして
愛してやまぬ地元の酒造、
麒麟山酒造下越酒造の日本酒を買ってきてもらいました。

販売店が絞られているため、
ふらっと適当な酒屋に行っても置いてないのです。


■麒麟山酒造

麒麟山 梅酒
kirinzan_ume.JPG

要冷蔵!
わざわざ冷やして運んでもらって申し訳ない……
麒麟山を使用したオリジナル梅酒で季節限定。
まだあけてないので楽しみ!


ブルーボトル
kirinzan_blue.JPG

720ml 3150円と安くはない、麒麟山最高峰。
冷やでいただきます。
さらりとした口当たり、さわやかな飲み心地。
これは本当にうまい、エグみがまったくないので
ついつい飲みすぎてしまいます。


■下越酒造

麒麟 時醸酒
kaetsu_jijousyu.JPG

2011年の「古酒」。2012年のもあったようですがこちらにしました。
色がどんどん変わっていくのです。
常温保存中に熟成が進むというわけです。
いつ開けるか……!
わくわくしますね!


新潟の阿賀町、津川・鹿瀬は特に「麒麟山」という山を挟んでおり
シンボルになっていますので
酒にも「麒麟」を冠しています。
ちなみに小さいころじいちゃんと登って、
アブからダッシュで逃げた記憶があります。

「麒麟山酒造」の「きりんざん」系シリーズと、
「下越酒造」の「麒麟」系シリーズがあるため、
大混乱
しますが、間違えないでね!


下越酒造の近くに昔祖父母の家があったので、
小さいころはよく近くを通っていた記憶があります。
酒造の独特のにおい。
なつかしいなあー。

お酒、ほんとにおいしいので、
ぜひ入手できる方は飲んでみてください。



★番外編

さて、新潟とはまったく関係ないですが、
こんなものを買ってきました。

amazakenomoto.JPG

造り酒屋の甘酒のもと
アルコール度数0の、甘酒です。
これ、先日「ぶらり途中下車の旅」で出てきて、
気になってたんです!

甘酒は好きなんですが、
なんでことさら気になったかというと
牛乳で割っていた」から。

なんだそりゃ!と
取扱店に急行です。

すごく飲みやすく、ある種の独特の香りみたいなものが
ほとんど無い!
牛乳割りは確かに美味でした!
他にもロック、凍らせてシャーベットに、
日本酒で割ってにごり酒に……と
楽しみ方が紹介された紙がついていました。

こりゃいいですね、酔う心配もないし。
甘酒は冬の風物詩と思っていましたが、
冷やし甘酒はこれまた美味。
しかも古来甘酒は栄養ドリンクだったらしいですよ?

ぜひこいつを牛乳で割って
このストレス社会を乗り切りたいものですね(´;∀;)
posted by SHOCK.C at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/66950683
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック