2013年04月22日

ふきのとう天

ついつい、ふらりと天丼が食べたくなる。
そんな時に「てんや」は強い味方だ。
庶民的な値段で、十分満足できる天丼が味わえるのだから。


20130422.JPG
オールスター天丼+α
・海老
・いか
・ほたて
・れんこん
・まいたけ
・いんげん
・ふきのとう(追加)
・キタノメヌケ(追加)


昔から避けていたくらい、得意ではなかった「ふきのとう」。
この歳になると、あの苦味が大丈夫になっているかもしれないという
謎の期待と、
季節の物が食いたい
という欲求が生まれてきた。

20年ぶりくらいに食べてみるとどうだ、
さわやかな苦味、実に美味ではないか。
味覚が変わった?
いや、味がわかるようになったのだろう。
食の広がりを感じて、清清しい気持ちだ。

それにしても「てんや」の天丼、
やはり侮れない。
実に美味い。
Souyaが頼んだ海鮮かき揚げも実に美味だった。
食べ過ぎると気持ち悪くなりかねないが、
たまに食べるとこの満足感。
昔に比べてそばやうどんのセットがあるし、
さっぱりといただくこともできるだろう。

追加の天ぷらを気軽にトッピングできるのもうれしい。
俺はとくに舞茸やほたての天ぷらに目が無いのだ。
なかなか都合よく乗っている天丼が
あるわけではないし、
蕎麦屋などの天重などはカスタマイズなど不可能に近い。
てんやはそんな需要を満たしてくれる。
安かろうと思うなかれ、だ。




◆まったく関係ないが……

熊谷の銘菓「五家宝」が好物だ。
先日熊谷駅を利用したとき
久しぶりに自宅用として買って帰り
ちまちまと食べている。

黄な粉を使ったお菓子は昔から好きで
小さいころは駄菓子屋の当たりつきの
黄な粉棒をよく買っていた。

黄な粉を使ったお菓子の中で五家宝が一番美味いと思う。
埼玉銘菓は十万石まんじゅうだけじゃないぞ。

ちなみに埼玉のお菓子マイベスト3は以下の通り。

1.四里餅(飯能)
2.十万石まんじゅう(行田)
3.五家宝(熊谷)

posted by SHOCK.C at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/65293016
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック