2013年04月22日

ふきのとう天

ついつい、ふらりと天丼が食べたくなる。
そんな時に「てんや」は強い味方だ。
庶民的な値段で、十分満足できる天丼が味わえるのだから。


20130422.JPG
オールスター天丼+α
・海老
・いか
・ほたて
・れんこん
・まいたけ
・いんげん
・ふきのとう(追加)
・キタノメヌケ(追加)


昔から避けていたくらい、得意ではなかった「ふきのとう」。
この歳になると、あの苦味が大丈夫になっているかもしれないという
謎の期待と、
季節の物が食いたい
という欲求が生まれてきた。

20年ぶりくらいに食べてみるとどうだ、
さわやかな苦味、実に美味ではないか。
味覚が変わった?
いや、味がわかるようになったのだろう。
食の広がりを感じて、清清しい気持ちだ。

それにしても「てんや」の天丼、
やはり侮れない。
実に美味い。
Souyaが頼んだ海鮮かき揚げも実に美味だった。
食べ過ぎると気持ち悪くなりかねないが、
たまに食べるとこの満足感。
昔に比べてそばやうどんのセットがあるし、
さっぱりといただくこともできるだろう。

追加の天ぷらを気軽にトッピングできるのもうれしい。
俺はとくに舞茸やほたての天ぷらに目が無いのだ。
なかなか都合よく乗っている天丼が
あるわけではないし、
蕎麦屋などの天重などはカスタマイズなど不可能に近い。
てんやはそんな需要を満たしてくれる。
安かろうと思うなかれ、だ。




◆まったく関係ないが……

熊谷の銘菓「五家宝」が好物だ。
先日熊谷駅を利用したとき
久しぶりに自宅用として買って帰り
ちまちまと食べている。

黄な粉を使ったお菓子は昔から好きで
小さいころは駄菓子屋の当たりつきの
黄な粉棒をよく買っていた。

黄な粉を使ったお菓子の中で五家宝が一番美味いと思う。
埼玉銘菓は十万石まんじゅうだけじゃないぞ。

ちなみに埼玉のお菓子マイベスト3は以下の通り。

1.四里餅(飯能)
2.十万石まんじゅう(行田)
3.五家宝(熊谷)

posted by SHOCK.C at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年04月21日

行きたい・再訪したい神社

神社巡りを色々考えると、車がないとかなり厳しいところも
ありますねー。

とりあえず近場はいつでも行けるので、
ちょっと遠いところで行っておきたいと思っている神社を
メモすることにしました。

【埼玉県】
・高麗神社
 埼玉県日高市新堀833
 JR高麗川駅 徒歩20分

 墨書き御朱印
 御朱印に、月がわりに異なる花の印が押される
 オリジナル御朱印帳あり

・秩父神社
 埼玉県秩父市番場町1-3
 秩父鉄道 秩父駅近く
 
 墨書き御朱印
 オリジナル御朱印帳あり(紙の色が通常と異なる)

・三峯神社
 埼玉県秩父市三峰298-1
 秩父鉄道 三峰口駅や西武秩父から猛烈にバス

 墨書き御朱印
 オリジナル御朱印帳あり

・宝登山神社(再訪)
 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞1828
 秩父鉄道 長瀞駅から徒歩で登る

 奥宮(山の上)の御朱印をいただけていないので行きたい。
 奥宮は書置き御朱印
 オリジナル御朱印帳あり


【栃木県】
・鷲子山上神社
 栃木県 那須郡那珂川町矢又1948
 JR烏山駅 タクシー20分

 墨書き御朱印
 フクロウの印が入る動物系(最近になってから)
 鳥居の真下に栃木と茨城の県境がある珍しい神社
 とりのこさんしょうじんじゃ。

・那須温泉神社
 栃木県那須郡那須町湯本182
 JR黒磯駅 気合でバスなりタクシーなり。

 墨書き御朱印
 オリジナル御朱印帳あり
 殺生石の近く。

・古峯神社
 栃木県鹿沼市草久3027
 JR鹿沼駅 バス1時間強

 墨書き御朱印
 見開きぶち抜き天狗絵あり


くっそー、どこもかしこも遠いぞ。
片道2〜3時間かかるじゃないか……
プチ旅行でも組むしかなさそうですね。
posted by SHOCK.C at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社

上州の味

登利平
という店がある。「とりへい」と読む。

現在群馬県内29店舗、埼玉県内3店舗を構えるこの店は
鳥重で有名な、群馬のお店だ。

群馬出身のSouyaはことあるごとに
「学生の頃、登利平のお弁当を良く食べていた」
「一番好みの鳥めし」

と言っていた。
しかし最寄の場所から無くなってしまったようで
がっかりしていたのである。

俺も鳥が好物なので気になっていたのだが……

たまたま熊谷駅を利用したところ、
駅ビルのアズの5Fに店舗を発見したのだ。
埼玉県内3店舗のうちのひとつだ。

「うおお、登利平!!!!」
と大喜び。

早速食べていくことにした。


20130420_02.JPG

同じフロアには「サイゼリヤ」「さくら水産」などがあるので
「ここも『安かろう……』な店か」と思われてしまいそうだが、
決してそうではない。


20130420_03.JPG
上州御用 鳥めし松重 (880円。店内ではお味噌汁がついてくる。)

注文してから15分ほどで出てくる。
竹重は、薄くタレが滲みた鶏肉が乗っている。
松重は、竹重のそれと、ぷりぷりした鶏肉が乗っている。
それぞれの肉はそれぞれの味わいがあり、松のほうが上とは
一概に言いがたい。竹の鶏肉だけガツガツ食べたいという
気持ちはわかる。
事実Souyaは学生の頃は好んで竹を食べていたそうだ。

じんわり、たっぷりと秘伝のタレに漬かった
味わい深い鶏肉と、タレの絡んだ炊き立てのご飯の
相性は抜群であり、今まで食べたどんな鳥めしよりも
美味
だった。
これがこの値段で味わえるとは……

老舗の鰻屋などにいくと所謂「きじ丼」もよくあるが、
そういったところで食べる味のようにも感じる。
とにかく丁寧な味がするのだ。

帰りの電車の中でも
「また食べたいなあ……」とつぶやく始末。

上州においでの際は、ぜひ食べてもらいたいお店だ。


------------------------------------------------
Souyaの実家近くの猫
20130420_01.JPG
かわいい。
posted by SHOCK.C at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年04月19日

むらいち

佐野ラーメン食べたければ佐野に行けってのが
もちろん正解だとは思うのですが、
群馬にも佐野ラーメン屋があります。


青竹手打ちラーメンむらいち
20130415.JPG
【醤油・チャーシューめん(中盛り)】

こちらは醤油と塩の選択肢があります。
麺の量が中盛り(1.3倍)、大盛り(1.5倍)が無料。



てろてろの麺と、すっきりさっぱりのスープ。
醤油ラーメンで一番好きなのが佐野ラーメンですが、
埼玉や東京で食べられるところは見たことがありません。
同系統の喜多方ラーメンである「坂内食堂」がたくさんありますし
おいしいですが、
若干やはり佐野ラーメンと喜多方ラーメンは違うと思います。

食べログとかの評価は★3とかですが、
佐野ラーメンはこの評価で正解だと思います。
麺のてろてろ具合は好みが分かれると思いますし、
スープも決してエッジが効いているわけでもない。
でも毎日食べてもいいくらいのちょうどよさ。

Souyaの実家方面に行く際は佐野ラーメンを食べるのが
楽しみのひとつなのですw
posted by SHOCK.C at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年04月16日

風邪気味

しばらく前からずっと喉の調子がおかしくて
完治しないまま風邪が再発しかけたりと
なかなか難儀です。

先日、義弟の結婚式がありました。
いやあ、天気にも恵まれて、良い式でした!


ちょっと気になっていた
「猫の伝説 116話」
という本を買ってみました。

ハードカバーで大きいので通勤には向かないので
家で読みます。
posted by SHOCK.C at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年04月13日

[御朱印] 川口神社 (埼玉県)

川口駅東口から南へ。
古い歴史のある、川口の総鎮守です。

20130413_1.JPG


地元では初詣時期などはすごく混みます。
酉の市も混雑しますね。


20130413_kawaguchijinja.JPG

御朱印は社務所内受付でいただきます。
シンプルです。
御朱印に関しては「五百円以上お納めください」の但し書きが。

鳥居の裏側に「大東亞戦争戦勝祈願」と書かれて、埋めた跡があったりと
いろいろと歴史を感じることができます。

地元で何度も来ていましたが
ちゃんと知ろうとした視点で訪れるとまた違いますね。

過去訪れた神社にも再訪したいものです。
posted by SHOCK.C at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社

2013年04月12日

焼きそば牛丼w

すき家で今日から始まった
焼きそば牛丼……!

この漂うB級グルメ感。
食べてみるしかあるまい。



20130412.JPG

牛丼に焼きそばが乗ってるだけ!!!!!

ちなみにソースと青海苔がついてきます。


なお、案外ウマい
混ざってないけど、牛肉入りそばめし、ですよね。

周囲の客も面白がって頼んでましたが
「意外とうまいぞ・・・」
などの声が漏れていました。

やっぱこういうのは試してみないとね。
posted by SHOCK.C at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年04月08日

[御朱印] 鎮守氷川神社 (埼玉県)

埼玉県、川口市にある鎮守氷川神社。
オートレース上のすぐ西側にあります。

埼玉と東京には数多くの氷川神社がありますので、
青木にあるので青木氷川神社とも。

20130408_05.JPG

境内は小さいながらもいくつかの末社があり、
社殿の裏手には大きな樹齢400年以上のケヤキの御神木があります。
抱きつくと御利益があるそうで、抱きついてきました。
抱きついて1分目を閉じて深呼吸すると良いというのでしましたが、
周りに人がいると難しそうですねw
しかし大きな木に寄ると、確かに安心感がありますね。


20130408_kawaguchihikawa.JPG

御朱印は達筆も達筆、独特の圧倒的存在感
パワフルな左右への払い、たまりません。
御朱印は、まさに芸術。
書体、大きさ、印のデザイン、位置……
神社によりさまざまで、とてもワクワクします。

ちなみにこちらの御朱印は神社の名前だけでなく
右側の「埼玉県」の書き方も凝っています。
埼の右側の線を長く伸ばし、
県の左側の線を長く伸ばし、
玉を囲んで印のような形になっています。
posted by SHOCK.C at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社

[御朱印] 調神社 (埼玉県)

埼玉県、さいたま市(浦和)にある調神社。
「つきじんじゃ」と読みますが、
「つきのみやじんじゃ」「つきのみやさま」と呼ばれています。

20130408_03.JPG

JR浦和駅から南西に500mほどの距離にあります。
広めの境内は木々が多く、非常に落ち着ける空間です。

調の読みが月と同じことから、月待信仰がうまれ、
兎の彫刻がいたるところにあることで有名です。

なお調神社の調とは租庸調の調であり、
貢物の初穂を納める倉庫の中に鎮座していたとのことで、
運搬の妨げにならないよう鳥居や門を作らなかったそうです。
よって現在も鳥居は存在しません。

入り口には狛犬でなく兎が。

手水舎も、兎!
20130408_04.JPG

亀戸天神社の手水舎は亀の口から水が出ていましたが、
兎の口から水が出ているのはなんともユーモラス。

池でも兎の口から勢いよく水が出ています。


20130408_tsukijinja.JPG

御朱印は、紙いっぱいの空間を使って書いていただけます。
実に味のある字。
右上には「延喜式内社」と書かれた兎の印が可愛らしい、
動物系御朱印です。
変り種好きは必携。

武蔵国四十四座のひとつですので、由緒ある古社なのですね。


なお、こちらは御朱印帳も兎の刺繍があって可愛らしいのでおすすめです。
現在使用している諏訪大社の御朱印帳が埋まりそうなので
次のためにといただきました。
一緒に兎の置物とピンバッヂも。
20130408_tsukijinjasyuincho.JPG

※御朱印帳は最初の頁に御朱印をいただけた上で
 初穂料は2000円です。
※写真では、左側に自分の名前を書いていただきました。
 モザイクは加工によるものです。



参拝時、ちょうど結婚式がとりおこなわれておりました。
平日昼間ですが、地元の神社で神前式、いいですねえ。
posted by SHOCK.C at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社

[御朱印] 東郷神社 (東京都)

東郷神社は、新しい、まさに現代の神社でしょう。
東郷平八郎を祀っている神社です。

20130408_02.JPG

賑やかな原宿は竹下通りの中ほど、やや北側に位置します。
竹下通りを通りたくなければ、ちょっと北側の細い路地に
入りましょう。

境内の幟などいたるところに「Z旗」があります。

バルチック艦隊を破った世界的にも有名な日本の英雄。
神格化され神社に祀られる計画を生前に知った東郷平八郎は
否定的だったそうですが、結局神社は建立。
本人の意思とは関係なく神格化し祀られることを願う民衆。

東郷神社の存在は、日本人の宗教観を考えさせられます。


20130408_tougoujinja.JPG

御朱印は、朱というよりは紅のはっきりした印。
上には紫色の蔦が押され、異彩を放っています。
多色変り種好きであればいただいておきたいですね。
posted by SHOCK.C at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社